日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

効いてくるよ、ビタミンF

ビタミンF
重松 清 / 新潮社
   
「中途半端だよな、三十七、八って」
「うん・・・」
「俺は『まだ』だと思っているし、お前はどうせ『もう』なんだろ?」
当たり、だ。

遅ればせながら2~3年前の直木賞受賞作である
重松 清の『ビタミンF』を読んだ。
よかった。一気に読んでしまった。
7編の短編からなっているが、
主人公はみな家庭を持ち子供がいる30代後半の男性。
だから、同じような状況下にある人は
かなりシンパシーを感じながら読めるのではないかと思う。
女の私でも30代の中途半端さや焦燥感はすごくよくわかる。
変化のない日常や思い描いていた未来とは違う現実に
どこかで諦めている彼らが、周囲の人に対してほんの一歩踏み出していくところで
物語は幕を閉じている。
傍目には大きな変化ではないけれど、
彼らの心の中で眠っていた何かが目を覚ますような感じを受けた。
そして自分の心の中にもなにやらビタミンの小さな錠剤が溶けて広がっていくような
そんな感じを受けるのである。
[PR]
by asadoricite | 2006-09-27 23:17 | 読書日記