日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

そうじ力が高まりつつある

b0096080_1834692.jpg
『3日で運がよくなるそうじ力』を読んだ。
ここに書かれていることに目新しいことはない。

散らかっているのは部屋ではなく
自分の頭であり心である。
そうじをすることによって
頭や気持ちが整理され
気分が良くなり効率が上がり
選別する力がつき
結果運まで上がってしまう、というものである。

今までだってどこかで聞いたことがある内容なのに
私が今そうじにはまってしまったのは
”まずは換気するだけでいい、
換気していればそのうちにそうじをする気力体力がグングンとわいてくる”
と書かれていたからだろうか。
第一歩をたやすく踏み出させてしまう力が
この本には、ある。

そして換気を始めた私は
今まで朝寒くてちぢこまっていた身体が
新鮮な空気を入れることでかえってしゃっきりと伸び
よどんでいた部屋の空気が動き出すことに驚き
モノを捨て始めたらなんだかどんどん楽しくなり
今日帰ったらどこをそうじするか?
が楽しみになり
職場の机を掃除したら
書類の山から必要なものを探し出す時間が省け
・・・・というようになんだかすっかり”そうじ力”のとりこになってしまったのである。

3日で運がよくなる「そうじ力」
舛田 光洋 / / 三笠書房
ISBN : 4837963625
スコア選択:


そしてそうじをしていて、もう一冊思い出した本があった。
私が大学生の頃に夢中で読んでいた沢木耕太郎の『深夜特急』である。
深夜特急〈1〉香港・マカオ
沢木 耕太郎 / / 新潮社
ISBN : 4101235058
スコア選択:

たしかインドだったと思うが
沢木耕太郎が手づかみでカレーを食べた瞬間にこう思うシーンがある。
「またひとつ、自由になれた」
と。スプーンというモノから自由になれたということなのだが、
私は大好きな深夜特急の中でもこのシーンが特に印象に残っている。
そしてそうじをしていると、
(私の勝手な思い込みだが)同じような気持ちになることが出来る。
どんどんモノから自由になれる、と。
[PR]
by asadoricite | 2007-01-17 18:03 | 読書日記