日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

シッコ SiCKO

『ボウリング・フォー・コロンバイン』でアメリカの銃社会を痛烈に批判し
『華氏911』でブッシュ政権に迫ったマイケル・ムーアの最新作
『シッコ』を見てきた。

”シッコ SiCKO”は”ビョーキ”と言う意味らしくて(たぶんsickの俗語なのだろう)
今回のテーマは”テロより怖い医療問題”。
超大国なのに先進国で唯一”国民健康保険”が存在しないアメリカでは
国民は民間の保険会社に加入するしかなく
その保険会社は政治家と結託した金巻上げシステムに加担している。
保険料をきちんと払っていても、保険会社は何かと理由をつけて保険金を支払わない。
無保険でお金が払えない患者は、病院がこっそり道端に捨てていくことさえある。

今回私はマイケル・ムーア初体験。
一応期待はしていたけれど、半分は思ってた。「きっと思ったとおりなんだろうな」って。
きっとマイケル・ムーアは得意の突撃取材で
アメリカの医療の問題点をどんどん明らかにして
私は映画を見終わったらきっと、
「アメリカの医療制度はなんてひどいんだ!日本もこんな風になってはいけない!」
って思うんだろうなって。
でも、ちょっとちがったんだ。
実はびっくりするくらい感動しちゃったんだよね。
マイケル・ムーアは、ただ問題をあらわにしただけじゃなかった。
問題を抱えた当事者を、キューバに連れて行って
必要としていた医療を受けさせてあげた。
当事者って言うのは、9・11でボランティアとして救助活動に参加した人たちで
その時の後遺症で呼吸器などに障害を負ったのに
非公式だったために保障も受けられず、苦しんでいた人たち。
その人たちの苦しむ姿を見ていただけに
ムーアのおかげで医療を受けられた彼らの喜ぶ姿は
胸に迫るものがあった。

映画のテロップの最後にこんな言葉が出る。
”Do Something (行動を起こそう)” マイケル・ムーア
まさに行動を起こす人、マイケル・ムーア。
彼は本当に勇気のあるいい人だ。
[PR]
by asadoricite | 2007-09-09 13:45 | 最近のできごと