日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

止まらない・・・

弥勒 (講談社文庫)
篠田 節子 / / 講談社
スコア選択:



文庫本のこの厚さ、
このタイトル。
篠田節子という人。
どれをとっても自分では本屋さんで手に取ることもなかったであろうこの本を
職場の人が貸してくれて恐る恐る読み始めた。
すると・・・
予想もつかない展開にページをめくる手がとめられず
久しぶりに目がショボショボするまで読み続けた。
「アルマーニならエンポリオはやめて」という世界から
衣食住全て、夫婦さえ自分では選べない世界へと。
想像を絶するような魑魅魍魎の場面も多々あり
文章の世界だけに怖さも倍増。でも怖いもの見たさがまさり・・・
理想とする社会ってなんなんだろう、とか
極限状態で人は何を求めるのか、とか
考えてしまった。

その後にたまたま読んだこの本も
共通するものを感じた。
望みは何と訊かれたら
小池 真理子 / / 新潮社
ISBN : 4104098086
スコア選択:


はじめに目指しているものは素晴らしいものでも
思想の偏りって結局のところ破滅へと進んでしまうのかなっていうところ。
小池真理子さん作なので”愛”を中心にするすると読めてしまう。

じっくり読書したいときにオススメ。
[PR]
by asadoricite | 2008-01-23 00:35 | 読書日記