日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー

<   2006年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

疲労コンパイどり

月末だから仕事がいっぱいあって
疲労コンパイどりなのだ。
5月なのに、なんだか毎日暑いから
へたれどりなのだ。
寝ても寝ても眠いから
これはきっと眠り病。
眠りにおちると電車に乗っていて
こちらの車両には誰も乗っていないのだ。
それにこの電車はどこに向かっているのだろう。本当は違う電車に乗らないといけないんじゃないの・・・・・・
[PR]
by asadoricite | 2006-05-30 22:10

あんこの休日

b0096080_21161717.jpg普段はあんこの仕事で忙しい
関根とトメコの二人だけれど
今日は二人そろっての休日だから
雨も上がったし
近所の公園に
散歩に出かけた。
b0096080_21164530.jpg「関根、
   竪穴式住居だって」
「そうだね、トメコ」
古代の生活に
思いをはせる二人。

b0096080_2117133.jpg
「うわーハトだぁ、こっちこないで」
関根はハトが苦手らしい。
「クルックゥ」
トメコはハトまねをしている。

b0096080_21171721.jpg
♪シロツメクサの花が咲いたら
さぁで~か~けよう♪
ふたりそろって歌いだした。
いつか見たテレビの歌。
[PR]
by asadoricite | 2006-05-28 21:17 | あんこ 関根とトメコ

愛がなんだ

またも最近読んだ本から。

愛がなんだ
角田 光代 / 角川書店
ISBN : 404372604X
スコア選択:
 


角田光代が好きである。
本人もキュートでかわいい女性だと思う。
はしご酒が好きなところや、一人旅に軽々と出て行くところ
時々辛らつなことをさらっと言ってしまうところもいい。

そんな彼女のこの作品。
OLのテルコはマモちゃんに片思い。
彼から電話があれば仕事中でも長話、食事に誘われればさっさと退社。
マモちゃん以外の出来事はどうでもよくて会社ではぼーっとしている。
マモちゃんはマモちゃんで、テルコのことが好きでもないのに
風邪になると電話をかけて何か買ってきてと頼み
頼んでおいて「帰ってくれないかな」と言う。
正直どうしようもない女と、どうしようもない男の話だ。
私だったらこんな人たちがそばにいてほしくないと思う。
会社の同僚もまっぴらだし、まして友達になんてなりたくない。
だけど読んでいるうちに、なんだかせつなくなってくる。

テルコはマモちゃんから誘われたらすぐに駆けつけられるように
仕事が終わるとマモちゃんの会社の近くをうろうろしている。
そして思う。
「ストーカーが私のような女を指すのなら、
世の中は慈愛に満ちているんじゃないの」 と。

マモちゃんがテルコに聞く。
「こんな男のどこがいいの?」と。
かっこよくもなくて、才能もなくて、やさしくもなくて金も持っていない。
テルコは答える。
「そうだよねぇ。私もそう思う。好きになるようなところ、ないじゃん」
そして思う。
”顔が好みだの性格が優しいだの、何かに秀でているだの
プラスの部分を好ましいと思い誰かを好きになったのならば、
嫌いになるのなど簡単だ。
プラスがひとつでもマイナスに転じればいいのだから。
そうじゃなくてマイナスであることそのものを、自分勝手で子供じみていて
かっこよくありたいと切望してそのようにふるまって、
神経こまやかなふりをして、でも鈍感で無神経さ丸出しである、
そういう全部を好きだと思ってしまったら、
嫌いになるということなんて、たぶん永遠にない” と。

読み返してみて、ちょっと泣きたい気持ちになる。
愛がなんだ。愛のバカヤロー。愛バンザイ。
[PR]
by asadoricite | 2006-05-28 12:18 | 読書日記

働きアリの比率

「この人がいなくなったら この会社もうだめだよなー」
と思っていた人が、突然辞めていく場面に何度か遭遇してきた。
『もう だめ』 かと思っていた会社は
その度、意外にもさして大きな問題もなく回り始める。

そういう時に、いつもどこかで聞いた働きアリの話を思い出す。
詳細は忘れてしまったがこういう話だ。

『アリとキリギリス』に象徴されるように
人はアリのことを勤勉で働き者だと思っているが、実は違う。
働いているのは集団の中のわずか数%に過ぎず
それ以外のほとんどのアリがなまけている。
ところがその集団の中から、働きアリを取り除いてしまうと
なまけていた残りの集団の中から
また数%が働きアリとなって活躍し始めるのだ。

人の集団でもそうだよなぁ、と思う。
実はこの春私の職場で、リーダーと称される人が
相次いで3人辞めて行った。
そのおかげで、その他大勢だった私も
働きアリに押し上げられてしまったみたいだ。
もう少しその他大勢でいたかったのに・・・
[PR]
by asadoricite | 2006-05-27 21:53

美容と健康

私の頭の中の結構な部分を ”美容と健康” に関することが占めている。
でも、もともと飽きっぽい性格なもので
様々なブームが来ては去っていく。
そして、現在のあさどりの健康の秘訣はコレ!b0096080_2122216.jpg

ジャーン!黒ごま健康法

パンフレットによると
「からだの疲れが気になる方 
若々しさを保ちたい方 
お酒を良く飲む方 
ストレスの多い方にオススメ!」 とか。
髪の毛にも良いらしく
なんでも母の友達が
1年間飲み続けたら
薄くなっていた髪が 
ふさふさになったそうな・・・
(まんが日本昔話風に)

ほんとうかなぁ・・・???
まぁ半信半疑ではありますが、黒ごまがからだにいいのは間違いないもんね。
増え始めた白髪を気にしているだんさんが
人体実験中(?)ですので1年後の結果報告をお楽しみに~!!!
[PR]
by asadoricite | 2006-05-26 21:22

暇を 活かす

またも 『プロフェッショナル~仕事の流儀~』 からのお話。
先週のプロフェッショナルはライティングデザイナーの内原智史さんだった。
ライティングデザイナーとして30代で独立したが
仕事がなくて1週間3000円で食いつなぐ日々。
依頼がこないとすることがない。
時間だけはあるから一人で考える。
b0096080_2235181.jpg

そんな中で内原は、「ものを照らすのではない ものの本質を照らす」
という考えにたどり着く。
写真の平等院鳳凰堂のライティングでは、鳳凰堂自体に光を当てず、
周囲の池に光を当てることにより、
水面に当たった光がゆらゆらとゆらめきながら鳳凰堂を照らし
悠久の時の流れを感じさせている。
そこでまたも司会の脳科学者茂木健一郎の放った言葉。

「本当にすごい考えって言うのは暇なときに思いつくものなんですよね。
ニュートンでもダーウィンでもそう。
仕事に追われている状態っていうのはあんまり良い状態じゃないんです。」

ほほう・・・そうかぁ。
そういえば沢木耕太郎が著書の中で
たしか「暇の効用」というエッセイを書いていた。
内容としては

”暇で暇でどうしようもない状態っていうのは
何かをするためのすごいエネルギーになる。
暇をちょっとした暇つぶしをしながらうっちゃっていると
そういうエネルギーも蓄積できずにただ流れていく。”

ということで、当時大学生だった私は
なんだかすごいことを知ったような気がしたのだった。

今の私は どっちかっていうと暇恐怖症。
何かしてないともったいないって思ってしまう。
でもたまにはどっぷり暇と向き合ってみるのも大切なのかもしれない。
[PR]
by asadoricite | 2006-05-24 22:04 | 心にのこる

ジョーとサリー

ペンギンカップル―ジョーとサリーの世界漫遊記
ヴィリー プフナー Willy Puchner / 文藝春秋
ISBN : 4163804005
スコア選択:
 
関根とトメコに少なからず影響を与えているのはこの写真集でしょう。
昔、森永のキャラメルのおまけにペンギンカップルが世界各地を旅するカードがついていたことをご存知の方はいますか?
私はあれが大好きでしたが、その前からこの写真集にぞっこんでした。
ペンギンカップルのジョーとサリーがいろーんなところを旅します。
エジプトのピラミッドの前やイギリス、中国。
日本にも来ていて秋葉原の電気街や雷門の前で記念撮影をしています。
amazonでは写真がのっていなかったのですが
ほんとにかわいいからぜひ見てみてください!!!
[PR]
by asadoricite | 2006-05-23 21:29 | 私の好きな・・・
関根とトメコがはしゃいでいる間
あさどりは何をしていたかというと
研修会に参加していた。
仕事上のスキルアップを目指して
研修会なんかに申し込むようにしているのだが
いざ前日になると
もう行きたくなくなっている。
「やっぱり明日はゆっくり寝たい」
「頭痛いしここは休んだほうが・・・」
サザエさんでよいカツオと悪いカツオが出てくるみたいな感じ。
まぁなんとかよいあさどりが連れ出してくれたけど。

b0096080_225437.jpg今回はとにかく空がきれいで

b0096080_2261679.jpgすごく癒された。
b0096080_229157.jpgこうして見ると
時間の経過とともに
空の色って変わってくんだな。

b0096080_2292929.jpgなんだかんだ言っても
やっぱり参加してよかった。
明日からの仕事に
活かさなきゃな。
[PR]
by asadoricite | 2006-05-22 22:09 | 最近のできごと
あんこの二人 関根とトメコが旅に出た。
大島生まれの二人だから何もかもが初体験。b0096080_21405748.jpg







b0096080_2143365.jpg
あずさ72号に乗って
関根はご機嫌で歌いだした。
♪ぼーくらが旅に出る理由はだーいたい100個くらいあって~♪
くるりの曲かな。

b0096080_21472323.jpg
トメコも負けずに歌いだす。
♪あんこ~つばき~は~♪
うん。まあ定番だよね。あなたたちにはね。

b0096080_2149453.jpg
やってきました、
山梨県。
山だらけなのに
山なしとは これいかに。

b0096080_21512917.jpg
甲府駅で降りて
舞鶴城にやってきました。
ハイ チーズ
関根とトメコ、ご満悦。

b0096080_21533974.jpg
眺め最高。気持ちいい。
「関根、いい気持ちだね」
「そうだね、トメコ」
「来てよかったね」
「そうだね、トメコ」

b0096080_21563664.jpg
日も暮れてきた。
たそがれる二人。
「ほうとうでも
食べようか、関根」
「そうだね、トメコ」
こうして
二人の初旅1日目も
夜がふけていくのだった。
[PR]
by asadoricite | 2006-05-21 21:41 | あんこ 関根とトメコ

最近読んだ本

今日は気楽に最近読んだ本の紹介などを・・・
まずは一冊。
陰日向に咲く
劇団ひとり / 幻冬舎
スコア選択:
私は劇団ひとりのファンでもなんでもないのですが
この本の帯に恩田陸と大槻ケンヂがコメントを書いていたので
思わず買ってしまいました。
これ、小説なんですよ。読みやすいし、よくできていて驚きました。
ただのお笑いの人じゃないなあ・・・
劇団ひとりあなどれず!ちょっと彼に注目してみようかと思いました。

ただのお笑いじゃないといえばコレ!(これは昔に読んだものですが)
ヒレハレ草
太田 光 / 幻冬舎
ISBN : 4344405560
スコア選択:
読んだときすごい衝撃だったですよ。
太田 光って天才!って思いました。
短編の物語集ですが、ちょっとせつなかったりほろりとしたりします。
大田 光の才能が光っている作品です。



次はこちら。
被爆のマリア
田口 ランディ / 文芸春秋
スコア選択:
私が新刊が出たら必ず買う数少ない作家田口ランディの新作です。
これは広島の原爆を題材に
でも間接的に描いた小説。
この間届いた最後のシカオタイムスの中で
スガシカオの新曲『19才』のテーマが
実は終戦記念日に考えた”ぼくなりのラブ&ピース”に端を発していた
と書かれていました。
表現方法は全く違いますが
この二人のスタンスが似ているような気がしました。
[PR]
by asadoricite | 2006-05-17 22:08