日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

またも とりボウリング

今日もボウリングをしてしまった。
しかし、考えてみると
徒歩10分圏内にボウリング場のある人なんてそうそういないだろうから
うちは恵まれた環境にあるのだ。

今日もボウリング場はそこそこ混んでいる。
1ゲーム目、118と最近では自己最高スコアを叩き出したあさどりであったが
2ゲーム目それはやはりまぐれだったことがわかり首折れしていると聞こえる場内アナウンス。
「1名様でお待ちの石原様・・・」
ん?もしや?石原プロ?
b0096080_2214615.gifその通りだった。今日も来ていた石原プロが。
そこでありがたく石原プロのプレイを拝見していると
彼は投球前の”タメ”が異常に長いことがわかる。
遠くから見ていると
まるで交差点の真ん中に立ちすくんだ人のように
石原プロだけが動かない。
そこで早速タメの長さだけでも石原プロを真似してみる。
相方のイヌ氏はこの方法にてスコアを上げ始めた。
しかし私は一向にダメプレイの脱出をはかれない。
さらなる師匠を求めて場内を見渡すと・・・
いた!いた!
年の頃は70歳。買い物にでもきたかのような格好の石井(ふくこ)が。
 *ふくこはイメージです。
石井は投球の際もまるで買い物のような気軽さだ。
身体を普通の人とは逆に後ろにそらしながら
ポイッと投げ出すようにボールを投げる。
しかし、ストライクかスペアしか出していない。そのコントロールは確実だ。
ス、スゴイ・・・石原プロどころではない。
私たちは彼女をゴッドハンドと呼び
b0096080_22105435.jpg石井フォームをなんとか真似てゲームをつづけた。
おかげで後半少しはもりかえしてきた。
ありがとう、ゴッドハンド石井。そして石原プロ。

帰りに2ゲーム以上した人がひけるという
スピードくじをひいてみると
こんなものが当たってしまった。
こんなおっきな花火セット、自分では買ったことがないよ。
この夏に消費しきれるのかしら・・・
[PR]
by asadoricite | 2006-07-30 21:58 | 最近のできごと

あさがおの戦略

b0096080_1153202.jpg

まっすぐに
上へ上へと伸びていたあさがおは
これより上には
巻きつく場所がないと知るや否や
さっと身をひるがえし
横へと手を伸ばし始めた。
その身のひるがえし方は
それはあざやかで
まっすぐにこだわって
立ち往生している自分に
こだわるよりも
他の可能性にかけるって道があるじゃん
と言っているみたい。
あさがおの戦略はしたたかで潔く。b0096080_1204058.gif
[PR]
by asadoricite | 2006-07-30 11:53 | あさがお観察日記

踊る阿呆に見る阿呆

b0096080_2249553.jpg



踊る阿呆に
見る阿呆
同じ阿呆なら
踊らにゃソンソン

今日は近所の商店街で
阿波踊りがあった。
結構お祭り好きなので
ここのところ毎年見に行っている。
近づくにつれて
聞えてくる鐘や太鼓の音。
すっごい楽しそうに踊っている人。
年季の入ったおじさんやおばさんの踊り。
威勢の良い掛け声。
は~たまんないわ。
それぞれの連で踊りもリズムも衣装も様々で
「もしも入るんだったらここの連がいいなぁ・・・」とか
「女踊りよりも男踊りの方が断然楽しそう」とか
勝手な妄想まで膨らませてしまう。
見ていると本気で来年は踊りたいって思っちゃうんだよな。
結局その日限りってのが、まぁ毎年のことなんだけど。
b0096080_22573468.jpg

阿波踊りを見て
ご飯を食べて、さぁ帰ろうって時に
究極に物悲しい光景を見てしまった。
あぁ、カーネル・・・
さびしい背中だわ・・・
おやすみカーネル。
[PR]
by asadoricite | 2006-07-29 22:50

ゆさぶられる「ゆれる」

b0096080_22233236.jpg




信じること、信じられること。
裏切ること、裏切られること。
奪うこと、奪われること。
許すこと、許されること。
弟であること、兄であること。

<「ゆれる」パンフレットより引用>

映画「ゆれる」を観てきた。
びっくりした。こんなに自分が揺さぶられる映画とは思っていなかったのだ。
映画が終わってからも涙が次から次へとあふれて止まらなかった。
「私、なんでこんなに泣いているんだろう」
自分でもよくわからなかった。
カンヌ映画祭の評判からか、上映館の少なさからか
平日の昼間だと言うのに映画館は立ち見が出るほどの満員で(特に熟年層が多かった)
入替性なので余韻を味わう暇もなく押し出された。
ぼーっとしながらロビーのチラシを見るふりをして立ちすくみ
涙が止まるのを待った。
パンフレットと原作本を買って外に出る。
ぼーっとしながら映画のことが頭をめぐる。

真面目で温和な兄は田舎で実家のガソリンスタンドを継いでいる。

器用で華のある弟は東京で人気のカメラマン生活。

渓谷で起こった事件をきっかけに二人の内面がさらけだされていく物語。

オダギリジョーも香川照之もその立ち姿だけで
この兄弟の性格や暮らしっぷりがにじみ出てきている。
脚本も俳優も音楽もこの映画のために生まれてきたよう。
奇跡みたいな映画。

私には兄が抱く閉塞感や弟への嫉妬も
弟が抱く兄への優越感も自分の中にある感情に思えた。
そういう感情をお互い抱えながらも
それを越えてつながっていたい存在。
ラストシーンの二人の演技は圧巻だった。

監督西川美和は
「人間ってなに?」「人間の感情ってなに?」「人と人とのつながりってなに?」
ってことを常に考えている人なんじゃないかと感じた。

また、原作本は登場人物のモノローグ形式になっていて
映画では観客の想像に任されていた細かい感情なんかも描かれている。
ただの映画の原作本じゃない。
[PR]
by asadoricite | 2006-07-27 22:22 | 心にのこる
ハチミツとクローバー 9 (9)
羽海野 チカ / 集英社
ISBN : 4088653521
スコア選択:



いつものぞかせてもらっているブログにハチクロの話題がのっていて
9巻が出ているようなので買って読んでみた。
登場人物が全員片思いと言うこのマンガ。
うわ~なんか、すごくなってる。
マンガの神様か何か降りてきてるみたい。

私ははじめの方はふ~んって感じで読んでいて
7巻くらいから「ん?」「う~(T_T)(泣)」
と心を急激に揺さぶられ始めた。
そして9巻。登場人物たちが一人ひとり物語をつむぎ始めた感じがする。
すごいなぁ~。これだけ話題になるものにはやっぱり何かあるんだな。

ちなみに9巻を買ったら本屋さんでハチクロクリアファイルをくれて
なんだかすごく嬉しかった。
[PR]
by asadoricite | 2006-07-26 23:48 | 読書日記

写真で切り取る北海道

b0096080_22484083.jpg北海道の空はとにかくどこまでも青く広がり
大地は果てしない広がりをみせる。
車を走らせていると
眠くなってきてしまうくらいに・・・
b0096080_22452739.jpg人気の旭山動物園では
人間も動物も楽しめる仕掛けがいっぱい。
アザラシくんも行ったり来たりと大サービス。

ここの動物園では
「かわいそう」と思うことがなかった。

b0096080_22454364.jpgこれは貴重なショットじゃない?
ホッキョクグマのかわいいお尻。
b0096080_2246583.jpg突然のどしゃ降りの後には
嬉しいオマケ。
久しぶりに見たな、虹なんて。
はじめて見たよ、半円の虹。
赤橙黄緑青藍紫
全部見える。
b0096080_22462140.jpg富良野の名物は
地元の食材を使ったカレー。
森の中で食べるカレーは
魔法のスパイスの味がする。
b0096080_2246343.jpg乗馬も体験。
乗せてくれたのはネネちゃん。
本当は大好きな草を食べたいのに
私のつたない手綱さばきに従ってくれた。
やさしい顔をしている馬。

[PR]
by asadoricite | 2006-07-23 22:46 | 最近のできごと
b0096080_1436350.jpg

あんこの二人関根とトメコが旅に出た。
今度はすごいぞ、北海道。
広い空を眺めつつ
二人の顔もご満悦。
b0096080_14363884.jpg


関根がハミングしている。
る~る~るるるるる~♪
関根はもう「北の国から」モード全開だ。
絵はがきみたいなラベンダー畑に
トメコもうっとり。
b0096080_14371173.jpg


五郎の石の家に到着。
「ほた~るぅっ」
関根は五郎になりきっているわけで・・・

b0096080_14373785.jpg


五郎の木の家に到着。
「ほた~るぅっ」
関根は相変わらず五郎になりきっているわけで・・・
トメコは若干引き気味なわけで・・・

b0096080_1438991.jpg


草に寝転んだ二人。
普段のあんこの仕事のことなんか忘れて
は~っ、いい気持ち。


b0096080_1441298.jpg
今夜の食事は「くまげら」で山賊鍋。
初めて食べる鹿肉は
かみごたえがあって味が濃い感じ。
味噌の味付けと合う。
「おいし~ね、関根」
「そうだね、ほた~るぅっ」
関根の北の国からは
まだ続いているわけで・・・
[PR]
by asadoricite | 2006-07-23 14:38 | あんこ 関根とトメコ

とりの夏休み

あさどりは夏休みをとっておりました。
北海道へ二泊三日。そして今日はオーガスタキャンプ。
ふわぁー夏の思い出できました~。
そんなわけでブログの更新が滞っておりましたm(__)m
あさどりと関根とトメコの夏休みについつまた後日アップさせていただきます。
[PR]
by asadoricite | 2006-07-22 20:23
ユウくんという友達の子供がいる。
まだ会ったことがないのだが
友達によると本当に手のかかるはちゃめちゃな子だという。b0096080_18275416.gif
他の子をたたいたりしてしまい、遊ばせることが出来ない。
家の中をめちゃめちゃにしてしまう。
ユウくんのことを大切に思い育児を楽しみながらも
友達は「どうやらこの子は他の子と違うみたい」という気持ちと
目が離せず、振り回されっぱなしなことに疲れているみたいだった。
私は話を聞いていて「もしかして多動とか・・・」などど
知っている診断名にその子のことをあてはめて考えていた。

友達から久しぶりにメールが来た。
勧められてはじめた母子通園をしているうちに
「だいぶまともになってきた」というのである。
どうやらユウくんは遊び足りなくて
その有り余るエネルギーでいろんなことをしでかしていたらしい。
くたくたになるまで遊ぶことで落ち着いてきたらしいのだ。
友達はメールの中で
「遊びきるって事が大事らしいです。
大人の都合で、じゃあこれでおしまいねってのはだめなんだってさー。
本人がおしまいってなるまで、遊びに付き合うと、先々の心の成長が違ってくるらしい。
でも、これってすごく大変な事なんだよねー。
エネルギーほどほどの子だったら、だれも苦労しないよね。」
と書いている。
へ~、そうなんだぁ・・・そんなこと考えもしなかったなぁ・・・
なんでも理由ってものがあるんだな。

それからこの間母に聞いた話。
私の祖母は年齢と共にアルツハイマー型の認知症にかかっていた。
耳も遠くて話も通じにくかった。
祖母は私たちの家の隣に住んでいて
母は毎日隣に行って一緒に話をしたり、食事をしたりしていた。
ある日祖母が母にこう言った。
「ほら、あんた、お客さんにお茶を出して」
指し示すところにはテレビの中のアナウンサー二人。
母は「はいはい」とお茶を入れてアナウンサーの前に置いてあげる。
すると祖母は安心してまた居眠りを始めたそうだ。
母はケラケラと笑いながらそう話してくれた。

二つの話から見えてくるものってなんとなく同じな感じがして。
相手に寄り添うって言うのか
こっちの都合で相手決め付けないって言うのが大切なのかなって。
[PR]
by asadoricite | 2006-07-16 18:20 | 心にのこる
最近ボウリングづいている。
ポストに近所のボウリング場の無料チケットが入っていたことから始まり
この1ヶ月で3回行っている。
b0096080_17561453.jpgその前は3年間行っていなかったのに。
前2回は待ち時間なしですぐにプレイできて
「ボウリングってやっぱすたれてきてるのかしら?」
と思ったが、今日は45分待ち。
なんだか場内が異様な熱気に包まれていた。

その理由はすぐにわかった。
中央の5レーンぐらいを貸しきって
運送会社のおっちゃんたちがボウリング大会を繰り広げていたのだ。
パンチ、金ネックレスの一見「ヤ?」な方々と
茶髪にサングラスのわけアリなかんじのおばちゃんたち。
大会が始まると、みんなが一斉にお揃いのTシャツを着て
なんだか異様に盛り上がっていた。

その傍らで、私あさどりと夫イヌ氏は秘かに投球していた。
そしてさらにその傍らには一人黙々と7ゲーム目にとりかかる石原プロ(推定年齢54歳)がいた。(*勝手にそう呼んでいただけでプロの方ではないと思います。)
マイボール、マイシューズ、マイグローブの石原プロは
力まず投げるが最後の数メートルでグリンとカーブがかかる。スコアは160~170。
う~ん、シブいぜ、石原プロ。
本日のアベレージはあさどり、イヌ氏共に100くらい。
石原プロの投げ方を取り入れようとして失敗したイヌ氏には痛恨のスコア。
いつも80程度のあさどりには万々歳のスコアであった。

最近思うのだが、なんでも奥が深い!
石原プロはああやって淡々とボウリング道を極めているんだろうし。


<本日のBGM>
惑星タイマー (初回限定盤)(DVD付)
福耳 スキマスイッチ 山崎将義 杏子 / BMG JAPAN
ISBN : B000FEBQPY
スコア選択:

オーガスタキャンプまで1週間をきりました。
生で聴けるのが本当に楽しみ♪
・・・にしてもスキマスイッチって良いメロディ作るなぁ・・・
[PR]
by asadoricite | 2006-07-16 17:41 | 最近のできごと