日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

選べない・・・

”安全と冒険で君はどっちへ行く?
 退屈と充実で君はどっちをとる?
 そんなにかんたんに えらべるくらいなら
 なんの迷いもなく 幸せになれるか・・・・”

『ストーリー』の中でスガシカオはこう言って、私を大いにうならせたけれど
どちらか一つになんて選べないものがたくさんある。

”瞬間瞬間を爆発して生きろ”
岡本太郎のこの言葉に背中を押される日もあるけれど
こう言われたらちょっとつらいなと思う日もある。

昨日、今日と講習会に行ったけれど
「すごいですね!早く自分でもやってみたいから明日が楽しみです!」
と目を輝かせる彼女と
「なんだかすごく曖昧なんですよね」
とひどく懐疑的な彼と
私はどっちつかずの場所にいた。

ツレがうつになりまして。
細川 貂々 / 幻冬舎
ISBN : 4344011430
スコア選択:


ところで昨日読んだマンガ。
なんだか読んでいて心があったかくなっちゃうというか
何故か癒されちゃう感があった。
タイトル通り、貂々(てんてん)さんの夫がうつになっちゃう話なんだけど
絵もかわいいし、現実は相当深刻だったんだろうけど
さらっと読めちゃう感じだ。
世の中はがんばることが良いことだという考え方が圧倒的だけど
がんばらない生き方でも、毎日を生きてくってことが
なんか貴いモノなんだなって思える。

だからやっぱり選べない。
がんばるって決めてもがんばれないこともあるし
私のこの優柔不断さが大物になれない要素だとしても
やっぱり選ばないでやっていくような気がする。

   *ちなみに風邪治りましたm(_ _)m
[PR]
by asadoricite | 2006-10-29 20:56 | 最近のできごと

とりの休日

ここのところブログの更新ができず反省・・・
というのも、昨日まで職場に実習生が2ヶ月来ていたからだ。
”スーパーバイザー”などと呼ばれ、指導するってのは
なんかやっぱりプレッシャーだ。全然スーパーバイズ出来ないのに・・・
でも、社会人経験を経た37歳の実習生は
「プラスで終われたから良かったです。」と笑顔で去って行ってくれた。
実習生も終わってホッとしたと思うが私もホッとした。
ホッとしたら風邪をひいた。今日は少しおとなしくしていよう。b0096080_213664.jpg
気づけばお部屋のグリーンが天井に届いている。
インテリアショップで買ってきたときは手のひらサイズだったのに、
天井まで届くのはもう3回目。
またチョキンと切って、もう一回がんばってもらおう。
b0096080_21304742.jpg
お買い物に行って、お昼ごはんをフレッシュネスバーガーで食べる。
イヌ氏の頼んだクラシックダブルダブルバーガーってコレすごいな。

まだ鼻水ズルズルのあさどり・・・
お薬飲んで、ユーカリのエッセンシャルオイルを加湿器でお部屋に放って
ゆっくり寝よう。
[PR]
by asadoricite | 2006-10-22 21:30 | 最近のできごと

読書の秋

読書の秋ということで、最近読んだ本の紹介。

働きマン 3 (3)
安野 モヨコ / 講談社
待ってました!働きマン3巻発売!
出版社で働く男前、松方弘子28歳。
僕らはみんな働くために生きている!
このマンガ、結構深いと思います。
でも1巻、2巻の方が面白かったかな。

死国
坂東 真砂子 / 角川書店
「四国は死国、古来死霊の住まう島だったのだ。
四国八十八ヶ所の霊場を死者の年の数だけ逆に巡ると死者が甦る・・・」
もしかしたら四国って
本当にそういう場所なのかもしれないな、と思った。
ホラー映画って苦手だけど、映画『死国』は結構面白かったんだよなぁ・・・
「映画より、原作の方がずっと面白いんです!」って職場の後輩が貸してくれた本。
こ、こわいよ。でも止まんないよ。
ってかんじで一気に読んでしまった。

ガール
奥田 英朗 / 講談社
『イン・ザ・プール』の奥田英朗が30代OLを書いている。
気軽に読めて、ちょっと痛快。
[PR]
by asadoricite | 2006-10-16 21:42 | 読書日記
b0096080_2101163.jpg

今日は久しぶりに渋谷にある大好きな中国茶のお店、華泰茶荘に行った。
ホリデーランチを注文。
お粥に飲茶、お茶のケーキやクッキー、ゼリーに緑牡丹茶(↓)がセットになっているものだ。
b0096080_2145971.jpg

お花のように開いてくる茶葉を目で楽しみ、香りを楽しみ、すっきりとした味を楽しむ。
さらに久しぶりに会う友達との話もはずみ、お湯をそそいで何煎もお茶を飲む。
身体もココロもあったまってきた。

帰りには1階にあるショップでティーバックのセットと正岩水仙という岩茶の茶葉を購入。
さっそく家に帰り、眠っていた中国茶器を引っ張り出し淹れてみる。
意外にクセがなく素直な味。おいしい。
はぁ~中国茶っていいなぁ・・・しみじみ。
b0096080_2102867.jpg
[PR]
by asadoricite | 2006-10-15 21:07 | 私の好きな・・・

秋をみつけた。

なんて気持ちのいい日だったんだろう。
まさに秋晴れ!あっぱれ!
歩いているとそこら中に秋が散らばっていた。
b0096080_20443494.jpg

空を見上げて深呼吸。
そろそろ柿も食べ頃か。
b0096080_20444937.jpg

ふかふかの落ち葉のじゅうたん。
秋色に染まってる。
[PR]
by asadoricite | 2006-10-08 20:45 | 最近のできごと
衣替えをした。
そうしたら毎年出してはしまっているだけで
全くはいていないズボンの存在に気付いた。
そうだ!リフォームしよう!

b0096080_1804086.jpg
このズボン、いつぞやの福袋に入っていたんだよな。(*あさどりは福袋フリークである)
ワークパンツなんだけど、色も色だしほんとに作業着っぽくて・・・
そこでコーヒー色に染めてみる。
秋らしい色になった。早速はいている。
染色ってホントオススメ。全然違うものになるかんじ。
色がきれいになるとよみがえる感じがある。
             ↓
b0096080_1813855.jpg

b0096080_1805763.jpg
このズボンは家で洗ったら縮んじゃってツンツルテンに。
でも捨てられなくて・・・
思い切って丈を短く。
はやりの膝丈パンツになった。
ブーツと合わせてみようかな。
             
b0096080_1815423.jpg
[PR]
by asadoricite | 2006-10-08 18:01 | 最近のできごと

かにパンか?

b0096080_21311319.jpg

これは何だ?かにパンか?
実はロールパンなのだ。
ロールパンかよ!と三村つっこみしてほしい。

以前紹介したパン焼き機で、せっせとパンを焼いて食べているのだが
パン焼き機にすべておまかせするよりも
ちょっとひと手間かけた方がおいしいみたい。
その筆頭がロールパンなのだが
うちには大きなオーブンがなく、オーブンレンジしかない。
それでレンジのお皿にいっぱいにロールパンを並べるとこういうことになる。
でも味はグーなのだ。
[PR]
by asadoricite | 2006-10-04 21:31

ゴーヤさん

b0096080_22215285.jpg

このゴーヤに乗った誰かさんは沖縄の友達が先日お土産にくれたものだ。
かなりいい味を出している。

このゴーヤサンを見ていると
大好きな藤原新也の『メメント・モリ』に出てくるある言葉を思い出すのだ。

メメント・モリ
藤原 新也 / 情報センター出版局
スコア選択:




お地蔵さんの写真に添えられたその言葉
 『気分が滅入ったら
  この顔をじっと見て、
  真似てみる。』
私も、気分が滅入ったらこのゴーヤさんをじっと見て真似てみようかと思う。
[PR]
by asadoricite | 2006-10-03 22:22 | 最近のできごと

あさどり絶賛フラガール

b0096080_175335100.jpg
不覚にも大感動、大泣きしてしまった・・・

*ストーリー*
 昭和40年の福島県いわき市。石油が石炭に取って代わり、失業者が大量に出ている炭鉱の町を救おうと地元の資源(温泉)を利用した常磐ハワイアンセンターの建設が予定される。
 炭鉱娘のフラダンス指導者として東京から招かれた平山まどか(松雪泰子)だが、東京から落ちぶれてきてしまった感があり、投げやりで乗り気ではない。炭鉱で働く者たちも「こんな寒いところで何がハワイだ!」と大反対。集まった炭鉱娘もたったの4人。さぁ、どうなる?

 見る前の私のイメージとしては「スィングガールズ」。
女の子たちが元気にがんばって、ちょっと泣いたり笑ったり、
最後にはちょと元気になれる映画。

 でも、なんだかもっとずっと良かったな。
なげやりだった松雪泰子がどんどんステキな『先生』になっていき、フラガールの娘を殴った父親を追いかけて男湯に乗り込むところもかっこ良かった。この映画を撮るときに監督に「ダンサーの身体になってきてください」と言われたそうだが、映画の中の松雪は、紛れもなくダンサーだった。

 それから、フラガールのリーダーをつとめる蒼井優。素朴ないわきっ子の、意地っ張りだけどまっすぐなところがせつないくらいだった。最後には本当にプロみたいな美しいフラを見せてくれる。
 
 それからやっぱりこの映画を見て「踊りの力」っていうのを感じた。あの踊りは本物だった。だからここまで訴えてくるものがあるんだと思う。
あぁ、私もフラガールになりたいな。・・・ってもうガールじゃないだろ!(一人つっ込み)
常磐ハワイアンセンターにこんな歴史があったなんて、ちょっとステキ。今はスパリゾートハワイアンズって言うみたいだけど、一回行ってみたくなった。
松雪演じる平山先生は70歳を過ぎた今も現役ではフラダンスの指導をしているそうだ。
[PR]
by asadoricite | 2006-10-02 17:50 | 心にのこる

こんなとりが・・・

b0096080_2391271.jpg
こんなとりがいた。
電車の吊革広告で見てから気になってしかたなかったのだ。
かなりいい味を出している。
とりのことなので放ってはおけない。
さて今日から10月。芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋!満喫できるといいな。
[PR]
by asadoricite | 2006-10-01 23:09