日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春るるる・・・

b0096080_22505979.jpg

今日で3月も終わり。
明日からは4月。まぎれもない春の到来だ。

今日はお花見に行ってきた。
今年は異常気象で暖冬で、すっかり調子が狂ってしまったけど
桜は今年も変わりなく綺麗に花を咲かせてくれた。
そのことになんだか安心する。

シカオちゃんのコンサートに行った武道館は桜のゲートが出来ていて
私は人を見に来たのかと思うくらいの人、人、人・・・
ここ数日のあたたかさで、もう満開の花たちは
風に吹かれて惜しげもなく散っていく。
明日には同じ景色はもう見られない。

スガシカオの「夏陰~なつかげ~」という曲の中に

”夕暮れを抜けていく風は 秋のにおいを含んでる
ずっと今日と同じ日々が 願わなくても 続くと思ってた


という歌詞がある。
この1年間でこの歌詞が頭をよぎるような出来事が
いくつもあった。
続いている時はそれを当たり前のことだと思っているけれど
突然途切れてしまうことが ある。
だけど私たちはそれでもいつの間にか
以前はあった何かを欠いた日常に順応していく。
辛い気持ちや寂しい気持ちを
気づかないふりをしてまた今日を過ごしていく。

4月からはまた新しい生活が始まる。
すごく不安。でも少したのしみ。
そんな春るるる・・・

b0096080_22512242.jpg

↑うちの近所に1本で2色の花を咲かせる桜がある。
不思議で、すごくキレイだ。
[PR]
by asadoricite | 2007-03-31 22:53 | 最近のできごと
今日は映画『さくらん』をみてきた。
正直そんなに期待していなかったのだが・・・
す、すごいよかった!!!

時は江戸時代。舞台は吉原の遊郭。
身売りされ、きよ葉と名付けられた少女は
「女郎になんかなりたくない」と何度も脱走を繰り返すが
17歳でデビューすると鼻っ柱の強さと美貌で売れっ子の女郎となる。
小気味良いほどまっすぐに恋をしたりケンカしたりするきよ葉。
ある時本当に大切なものに気づくのだが・・・

土屋アンナ(主演)×
蜷川実花(監督)×
安野モヨ子(原作)×
椎名林檎(音楽)×
タナダユキ(脚本)=
さくらん

というのをまさにまさに感じた。
この感覚は男の人にはわからないかもしれないなぁ・・・
と思いつつ、
蜷川実花ワールドの美しい映像をいつまでもいつまでも見ていたい気持ちになったし
土屋アンナ演じるパンクでかつ色っぽくてキュートなきよ葉と
椎名林檎のガツンとくる濡れた林檎節がぴったりで
女の強さとかっこよさ、そして切ない女心と子供心があふれていて
あぁ、見てよかった・・・と思った。
[PR]
by asadoricite | 2007-03-22 17:07 | 最近のできごと

シカオ10th anniversary


b0096080_2137919.jpg
2月27日、武道館で行われたスガシカオの10周年記念コンサートに行ってきた。

私はここのところ仕事の方はボロボロで
そうじ力のあった年始の自分はどこへやら
職場の私の机は自分でもいやになるくらい
いろんなものが山積みになっていて
それはそのまま自分の心の中だったりした。

その日も仕事は全然終わらなくて
職場を出ようと思っていた6時には
やりかけのものが机の上にさらに積もっていた。
だけどスガシカオのコンサートに行くと言うと職場の後輩たちは
「いつも頑張ってるんですから、いいと思います!」
「楽しんできて下さい!」
と私を送り出してくれた。
なんだか嬉しかった。

7時ギリギリに武道館にすべりこむ。
アリーナへ向かう通路を小走りに進むうちにどんどんテンションが高まる。
私の席は?と見るとびっくりするくらいステージがよく見える。
神様ありがとうと言いたくなる。

7時を10分くらいまわった頃だろうか?
照明が落ちて花道のシカオちゃんが照らし出された。
「愛について」だった。なんだかもう泣きそう。
シカオちゃんの声がカラダに染み込んでいくみたい。

その後はどんどんグルーヴが回り出して
あっと言う間にノンストップ約3時間!
改めて今の自分にとってひっかかる歌詞に気づいたり。
シカオちゃんのセクシートークにドキドキしたり。
シカオ母の話、おもしろかったな。東京ばなな。ふふふ。
ストリングスとのセッションも格好良かった。

最後のシカオちゃんの晴れ晴れとした笑顔を見て
なんだか本当に良かった!

正直立ちっぱなしで腰は痛くなっちゃったけど
それも含めて10年なのかな。
10周年にふさわしい、ファン大満足のコンサートだった。
シカオちゃん、10周年おめでとう。そして、ありがとう。
[PR]
by asadoricite | 2007-03-03 18:36