日々感じたことをつづる   のほほんブログです。


by asadoricite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

豆腐パン

b0096080_13341797.jpg

最近、ホコリをかぶっていたかわいそうなパン焼き機。
ホームベーカリー用のレシピ本を買って新メニューに挑戦してみた。
パン材料に木綿豆腐を加えただけ。
白くてふーわふわの豆腐パンの完成!ほんのりお豆腐の香り。
[PR]
# by asadoricite | 2008-02-09 13:34
今年の冬は京都と神戸にそれぞれ1泊ずつの旅に出かけた。
旅のお供のガイドブック、今回は『タビリエ』にしてみた。
サイズもちょうど良くかわいい。
b0096080_1231279.jpg






タビリエに導かれ、
鴨川沿いの豆菓子屋さん『本家船はしや』へ。
かわいい福だるまを買って外に出ると、店先に九官鳥の”福ちゃん”が。
最初は首をかしげておとなしくしていたが、近づいていくと何かしゃべりだしたぞ。


[PR]
# by asadoricite | 2008-02-03 12:18 | 最近のできごと

止まらない・・・

弥勒 (講談社文庫)
篠田 節子 / / 講談社
スコア選択:



文庫本のこの厚さ、
このタイトル。
篠田節子という人。
どれをとっても自分では本屋さんで手に取ることもなかったであろうこの本を
職場の人が貸してくれて恐る恐る読み始めた。
すると・・・
予想もつかない展開にページをめくる手がとめられず
久しぶりに目がショボショボするまで読み続けた。
「アルマーニならエンポリオはやめて」という世界から
衣食住全て、夫婦さえ自分では選べない世界へと。
想像を絶するような魑魅魍魎の場面も多々あり
文章の世界だけに怖さも倍増。でも怖いもの見たさがまさり・・・
理想とする社会ってなんなんだろう、とか
極限状態で人は何を求めるのか、とか
考えてしまった。

その後にたまたま読んだこの本も
共通するものを感じた。
望みは何と訊かれたら
小池 真理子 / / 新潮社
ISBN : 4104098086
スコア選択:


はじめに目指しているものは素晴らしいものでも
思想の偏りって結局のところ破滅へと進んでしまうのかなっていうところ。
小池真理子さん作なので”愛”を中心にするすると読めてしまう。

じっくり読書したいときにオススメ。
[PR]
# by asadoricite | 2008-01-23 00:35 | 読書日記

ジャグリング

b0096080_162906.jpg

前回の記事で何故久しぶりに東急ハンズに行ったのかというと
実はこのジャグリング用のボール(ビーンバッグ)を買いに行ったのです。
何故またそんなものを買いに行ったか、というと

ジャグリング習いはじめました・・・

習い事が続かない自分なので、声を大にして言うのも恥ずかしいのですが・・・

ジャグリング始めましたよ!!!

まだ一回しか行っていないのですが、三個お手玉のような技(カスケードと言います)がなんとか10回できましたよ!
自分で自分にちょっと感動しました。
ただー・・・ボール買ったは良いのですが、投げてるより落とす方が多い状態で、うちはマンションなので練習する場所がありませんでした・・・
目標は100回。みかんとかでも出来るようになりたいな。
[PR]
# by asadoricite | 2008-01-20 16:29

Human Player

b0096080_1664017.jpg

みなさま、ご無沙汰しております。すっかり年もあけまして、遅ればせながらおめでとうございます!

先日、久しぶりに東急ハンズに行ったのですが、
すっかり地元に引っ込んでいた自分にとって、それはそれは光輝く世界だったのです。
魅力的な商品が多すぎて購入するものを絞りこむのに苦労したのですが、その厳選商品の中にコチラ入ってまいりました!
その名も『Human Player』
まず50の質問に答えるとエゴグラムに基づき自分の性格が22タイプの中から分類され、
その性格の自分が『Human Player』の中で生活しはじめます。友達も登録可能で気が合う者同士だと中で一緒に遊びに行ったりする、とか。
ちなみに私は゛マイペースな自由人゛タイプ。
日曜日の今日、『Human Player』の中の私はご覧のように昼寝中。
確かに当たらずも遠からず・・・
[PR]
# by asadoricite | 2008-01-20 16:06

ふんだり けったり

パソコンでネットができなくなって
(たぶん、もじゃさんがケーブルをかじったかなにか)
ケータイでは音声通話ができなくなって
仕事では自分のダメな面を突きつけられることが多くて
そうこうしているうちに風邪をひいたら治らなくって

なんだかふんだり けったり!

って思っていたときに出会ったのがコレ。

フェリシモから出ている、手作りキットの通販の本。
やってみたいものはいろいろあるけど、材料をそろえるのって結構大変で
思っているだけで始められない。
っていう方・・・・それ私だよ!
に、ホントにオススメの通販カタログです。
早速、コサージュと皮のブレスレットを作るキットを買ってやってみる。
材料が揃っているからすぐ始められて、あら、もうできた。
たのしいたのしい。ものづくりってホントたのしい。
風邪は治らないけど、心は癒されちゃいました。

Couturier 2007-’08秋冬号―手づくりの本 (2007)

[PR]
# by asadoricite | 2007-11-04 16:35 | 最近のできごと

ハナレグミ

hana-uta
ハナレグミ / / EMIミュージック・ジャパン
スコア選択:


この間の日曜日の朝
何気なくラジオを聴いていると
”流し”みたいなのに昔から憧れていて
今1人で色々なところに行きながら、歌いたくなった場所で
歌いたくなった歌を、歌いたくなったタイミングで歌うライブをしていると話す
人がいた。
その気負わなさや、それをホントに楽しんでいる感じが
なんだかいいなぁって思っていると
彼がスタジオでギターで弾き語りを始めた。
その声を聴いて、ああこの人だったんだって思った。
その声の主は「ハナレグミ」という永積タカシのソロユニットだった。
以前ラジオで流れた”サヨナラCOLOR"という曲がとても心に残っていた。
だからやっと見つけたというかやっと会えたって気がした。
アルバム”hana-uta"は、透明な歌声がせつないメロディにのった
心にしみこむアルバムだった。
なつかしい「そして僕は途方に暮れる」のカバーも入っている。
久しぶりに注目の人。
[PR]
# by asadoricite | 2007-10-02 22:01 | 心にのこる

FUNKFIRE

b0096080_221118.jpg

ZEPP TOKYOで行われたスガシカオのライブFUNK FIREに行ってきました。

今回はバラードなし、ファンクのみっていうライブ。

いや-、楽しいですね♪ファンク最高です!
私はライブハウスでのスガシカオも久しぶりでした。
腰は痛くなるので立ちっぱなしはつらいけど
やっぱりライブハウスの一体感は良いですね。

スガシカオ本人も本当に楽しそうで
私も仕事の疲れも忘れて踊りまくりました。

もうFAMILY SUGARじゃないっていう寂しさや物足りなさはあるとは思いますが
私はそれほど感じなくて
スガシカオはやっぱり前に進んでるっていうのを確認した気がします。

それに私は今後もバラードなしでもいいなぁー。
KING OF FUNKスガシカオにこれからも期待!です。
[PR]
# by asadoricite | 2007-09-25 22:11

中秋の名月

b0096080_21523744.jpg

今日は、中秋の名月ですってね。
観覧車とお月様、
なかなかオツなものです。
[PR]
# by asadoricite | 2007-09-25 21:52

シッコ SiCKO

『ボウリング・フォー・コロンバイン』でアメリカの銃社会を痛烈に批判し
『華氏911』でブッシュ政権に迫ったマイケル・ムーアの最新作
『シッコ』を見てきた。

”シッコ SiCKO”は”ビョーキ”と言う意味らしくて(たぶんsickの俗語なのだろう)
今回のテーマは”テロより怖い医療問題”。
超大国なのに先進国で唯一”国民健康保険”が存在しないアメリカでは
国民は民間の保険会社に加入するしかなく
その保険会社は政治家と結託した金巻上げシステムに加担している。
保険料をきちんと払っていても、保険会社は何かと理由をつけて保険金を支払わない。
無保険でお金が払えない患者は、病院がこっそり道端に捨てていくことさえある。

今回私はマイケル・ムーア初体験。
一応期待はしていたけれど、半分は思ってた。「きっと思ったとおりなんだろうな」って。
きっとマイケル・ムーアは得意の突撃取材で
アメリカの医療の問題点をどんどん明らかにして
私は映画を見終わったらきっと、
「アメリカの医療制度はなんてひどいんだ!日本もこんな風になってはいけない!」
って思うんだろうなって。
でも、ちょっとちがったんだ。
実はびっくりするくらい感動しちゃったんだよね。
マイケル・ムーアは、ただ問題をあらわにしただけじゃなかった。
問題を抱えた当事者を、キューバに連れて行って
必要としていた医療を受けさせてあげた。
当事者って言うのは、9・11でボランティアとして救助活動に参加した人たちで
その時の後遺症で呼吸器などに障害を負ったのに
非公式だったために保障も受けられず、苦しんでいた人たち。
その人たちの苦しむ姿を見ていただけに
ムーアのおかげで医療を受けられた彼らの喜ぶ姿は
胸に迫るものがあった。

映画のテロップの最後にこんな言葉が出る。
”Do Something (行動を起こそう)” マイケル・ムーア
まさに行動を起こす人、マイケル・ムーア。
彼は本当に勇気のあるいい人だ。
[PR]
# by asadoricite | 2007-09-09 13:45 | 最近のできごと